最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カウンター

紹介

  • フォアアスリート405

« 体力勝負の一人旅 No.419【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.421【坂東三十三観音編】 »

体力勝負の一人旅 No.420【坂東三十三観音編】

【20日目・2017年5月3日(1)】

 いよいよ最終日。でも実感がない。番号順に回っていないからだろうか。それとも家から近いからだろうか。
 9時20分に宿を出る。快晴ではないが晴れている。朝に限れば旅行中ずっと晴れだ。ありがたい。

 最後のお寺までたぶん100キロ弱、普通に行けば余裕で17時に間に合うだろう。都内を通るので焦らず安全第一で行こう。

 国道17号線で荒川を渡って東京都に入る。環八と交差したところで環八に入り国道246号線を目指した。昨日みたいに突然自転車通行禁止の標識が現れないことを願いたいが都内だからそうもいかないだろう。

 環八に入ってすぐ陸橋だ。無駄に体力を使いたくないが立体交差が多いのは環状道路の宿命だろう。後ろから来る車に気をつけながら陸橋のレーンに移った。あまり交通量が多くないのが救いだ。
 陸橋を登り始めたとき一瞬自転車通行禁止の標識が見えた気がした。もしかしたらと思ってがんばってスピードを上げた。陸橋を下れば自転車も走る普通の道だ。

 今度は線路を越える陸橋だ。事前に通行禁止の標識を確認したので強行突破するわけにいかない。陸橋に通じる本線を下りてまっすぐ行くと線路で行き止まり。東武東上線だ。線路沿いに右か左に行くしかない。
 左から迂回したが環八に戻るのは簡単ではない。こんなことを何回もやりたくはなかった。

 また通れない陸橋だ。交差しているのは目白通り。もう環八をやめて別の道がないか、側道に自転車を停めて地図を見始めた。
 近くの家の前で軽自動車を洗車しているおじさんが「どこ行くの」と話しかけてきた。
「鎌倉です」
「えー!鎌倉まで?行けるの?前にやったことあるの?」
「まあ、あちこち行ってます」
「何探してるの?」
「環八は自転車が通れないところばっかで他に道ないかなと思って。」
「この側道を行けばいいよ。環八には本線と側道があるんだよ。」
「でも何度か通れなかったですよ。」
「ここからはずっと行けるよ。」
「246まで続いてますか?」
「続いてるよ。」
 いいことを聞いた。やっぱ地元の人に限るなぁ。

 おじさんの言うとおり暫くは側道を進むことができた。でも国道246号線のはるか手前で側道がなくなる。また線路に遮られてしまった。
 環八と平行する細い道があったのでさっきほど不安にならずに環八に合流できそうだ。広い道に出て環八の標識を見たので無事戻って来られたようだ。

 どこかの駅が右に見える。そのちょっと先で『高井戸 右折』の案内標識が見えた。確か高井戸は環八で通過する地名だったような気がする。なんで右折なんだろう。
 さらに10分ほど走るとこの先環七の案内標識がでてきた。環八を走っているのになんで環七なんだ。もしかしてやってしまったか。そういえば都道311号線が環八だったのにいつの間にか都道4号線になっていた。完全に間違えだ。
 地図を見てすぐにわかった。新宿へ向かっている。つまり鎌倉と逆の東に進む都道4号線を走っている。環七は目の前だ。
 間違えた場所も想像がつく。迂回から合流したところは複雑で、地図を見ると立体交差の六差路になっている。
 合流した交差点の頭上を通っていたと思われるのが環八で、120度ぐらいの角度で左折すれば側道に入れたみたいだ。そこを60度の鋭角に左折したので都道4号線に入ってしまったようだ。

 さあ、これからのことだ。冷静に地図を見ると環七の手前を右折すれば南南西に進む直線道路で環八に合流できる。道に迷わず行けそうだし、通行禁止もないだろう。時間は無駄になったが、案外よかったかもしれない。

 中央線がない部分もある細い道だ。商店街はなく民家が立ち並ぶ静かな住宅街だ。下町っていうのだろうか。広い家が目立ち、畑が残っているのでかなり古くからあった道かもしれない。
 この道を中心に無秩序に開拓された雰囲気がある。例えば交差点、四つ角ではなく五差路以上が多かった。中には信号付き交差点で七差路があった。どこの信号を見て進んだらよいか地元民でないとわからないだろう。

つづく

« 体力勝負の一人旅 No.419【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.421【坂東三十三観音編】 »

坂東三十三観音編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37365/65262865

この記事へのトラックバック一覧です: 体力勝負の一人旅 No.420【坂東三十三観音編】:

« 体力勝負の一人旅 No.419【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.421【坂東三十三観音編】 »