最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カウンター

紹介

  • フォアアスリート405

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

体力勝負の一人旅 No.362【東北沿岸部を行く】

【10日目・2016年7月30日(1)】

 東京6時32分発の東北新幹線で八戸へ行こうと2日前に購入しようとしたら満席だった
。夏休みの土曜とはいえこんなに人気があると思わなかった。
 私の準備の遅さを反省しながら東京7時36分発、八戸10時31分着でやって来た。快晴
とまでいかないが太陽がギラギラして暑い。すぐに日焼けしそうだ。日頃冷房の効いた
オフィスにいるから急に夏が来たみたいだ。
 久慈の週間予報だとあさって月曜が曇りのち雨だがそれ以外は雨マークなしだ。珍し
く今回は天気に恵まれそうだ。

 自転車を送ったヤマト運輸の営業所は駅からちょっと遠い。歩けなくはないけどちょ
うど100円バスの終点にある。そのバスは新幹線の到着に合わせた時刻設定をしている
から便利だ。
 なぜ新幹線に合わせているかと言うと、新鮮な魚介類を求める観光客で賑わう八食セ
ンターがバスの終点だからだ。

 バスの出発時刻10時55分までちょっと時間があるので八戸港にかかる2つの橋を自転
車で渡れるのか訊きに観光案内所へ寄った。
「2つとも通れます。今日は天気がいいので眺めがいいと思います。」と案内の女性が
教えてくれた。
 ということは
「結構上るということですか」
「上ります」
 眺めに期待してがんばって上ろう。

 10分ちょっとでバスは八食センターに着いた。八食センターの中は多くの魚屋さんが
入っていた。全部歩き回っていないが20軒じゃきかないだろう。
 たいていの魚屋さんでは店を囲うように上側にヤマト運輸の貼り紙が貼られている。
他の運送業者のものは見当たらない。同じ建家にヤマト運輸が入居しているからだろう

 あまりにも貼り紙が目立ちすぎるので自力でヤマト運輸を探すのをあきらめ、魚屋さ
んに訊いて建家の端にあるヤマト運輸へ向かった。

 自転車を受け取り、わずかな建物の影で組み立て始めた。そうもしないと汗がだらだ
ら出てきてスタート前から水分補給が必要になってしまう。
 運んだときの衝撃のせいで一番軽いギアにしたときにカラカラと音がなったり、2つ
めに軽いギアと3つめに軽いギアを行ったり来たりする状況だ。調整してみたがしっく
りこない。このままスタートするしかないだろう。

 12時47分、八戸港へ向けてスタートするといつの間にか進行方向のはるか左側に黒い
雲が現れていた。そして図上も雲ってきてさっきまでの暑さがなくなっていた。

つづく

体力勝負の一人旅 No.361【東北沿岸部を行く】予告


 みなさんこんにちは。

 2016年夏も旅します。ゴールデンウィークに続いて「東北沿岸部を行く」の続きをやります。
 続きといってもさらに北上するのではなく八戸から南下する逆ルートです。ゴールデンウィークのときは暗い時間帯や雨中を走ったので見過ごしてしまった場所が多々あります。その辺を重点的に見て来ようと思います。

 スタートは今度の土曜日7月30日です。1週間ほどかけて女川まで南下します。ゴールデンウィークのときに出合った方々と再会できることを願いながら走ってきます。

 それではまたおつきあいください。

追伸、前回の旅を終えてからYoutubeで津波の様子を見るようになりました。現地で見てきた建物に車が突っ込む映像を見たせいか、しばらく不眠症になってしまいました。被災された方は私の想像がつかないほど精神的なダメージを負っていることでしょう。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »