最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カウンター

紹介

  • フォアアスリート405

« 体力勝負の一人旅 No.331【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.333【坂東三十三観音編】 »

体力勝負の一人旅 No.332【坂東三十三観音編】


【13日目・2015年12月27(2/2)日】

 今回は珍しく前日に宿を予約した。こんなに走れると思っていなかったので草加でとっていた。まだ15時だし足も動く。やめるのはもったいないので電車で戻ってくることにしよう。

 そうなると戻りやすい北千住ぐらいまで行けるかなと考えていたら日本橋まで13Kmの表示がみえた。いまいち地図が頭に入っていないが、もしかして13番札所の浅草寺まで行けちゃうのか?行けちゃうのではなく行くのだ。気持ちはそう変わっていった。

 上野まで10Kmをきった。上野も浅草寺もたいして距離は変わらないだろう。お寺が閉まる17時まで1時間20分ある。こうなったら納経に間に合わせよう。

 もう寄り道はできない。ただただ南下した。そんなとき前方にT字路が見えた。右か左か?案内地図があったので立ち止まって見ていると、そばでタバコを吸っているおじさんが「どっち行くの?」と声をかけてくれた。
「浅草です」
「歩いて?」
「そうです」
「遠いよ」
「10Kmぐらいてすよね」
「10Kmはないと思うけど、まっすぐ行ったら左側にスロープがあるからそれを登って、橋を渡って、ずっとまっすぐだ」と教えてくれた。都会でも親切な人はいるものだ。なんだかうれしくなった。

 荒川にかかる橋に出た。右前方はビル群だ。午後から雲が出てしまったが、ビル群の少し上のエリアだけは薄い雲しかなく、夕日でオレンジ色に染まっている。東京の景色も捨てたもんじゃない。そう思いながら橋の左側に目を向けるとスカイツリーだ。あれを目指せばいいんだな。

 持っているGPS機器はナビ機能がなく、目的地の方角と直線距離を表示するだけで道のりの距離はわからない。でも極端にペースダウンしなければまず大丈夫だろう。

 ペースは落ちていないがときどき信号待ちになる。また信号待ちだ。ペースダウンするといい匂いがしてきた。たい焼きの店だ。急ぎたいけどお腹がすきすぎて我慢できない。
 3人並んでいる。すぐ買えるだろうか。店頭に出来上がりが5~6個置いてあるのに2人はそれを買わずに焼けるのを待っている。そして私の番だ。
 小豆と金時いもの2種類ある。20円高い金時いものほうを注文すると、今焼いているので3~4分かかるという。待っている人は金時いも待ちだ。ここで3~4分のロスは痛いので小豆をいただいて、歩きながら食べた。置いてあっても十分熱く、舌をちょっとやけどしてしまった。

 浅草寺が近づいたからだろう、歩道が混雑してきた。信号待ちが多くなりペースが落ちぎみだ。浅草寺までのルートがはっきりしていないこともあって、少々不安になってきた。

 閉まる10分前に雷門の反対側に着いたようだ。もう辺りは真っ暗、五重塔や本堂がライトアップされ、スカイツリーより目立っている。
 この広さでは時間内に納経所にたどり着けるかわからない。迷っている暇はない。もしかしたら拝観料が必要なのかと思い警備員に入口がどこか尋ねると、戸惑った感じで教えてくれた。
 それもそのはず、拝観料はなく、柵もないのでどこからでも入れたのだ。変な質問をしてしまった。

 御守り売り場で納経所の場所を聞いて駆けつけると3分前だった。間に合った。納経してくださる方も「間に合って良かったですね」と言い、続けて「お寺はきっちり時間で閉めますから」と言った。
 浅草寺がそうであって、お寺一般がそうではないのだから、私はこの言葉に気分を害してしまった。

 寒いので早々に引き上げることにしよう。浅草駅がいくつかあって少し迷ってしまったが、18時30分に草加駅へ戻って来た。明日は浅草寺の参拝から再開だ。

12月27日(日) 浅草
 本日の移動距離 42.7Km


« 体力勝負の一人旅 No.331【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.333【坂東三十三観音編】 »

坂東三十三観音編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37365/62957910

この記事へのトラックバック一覧です: 体力勝負の一人旅 No.332【坂東三十三観音編】:

« 体力勝負の一人旅 No.331【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.333【坂東三十三観音編】 »