最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カウンター

紹介

  • フォアアスリート405

« 体力勝負の一人旅 No.330 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.332【坂東三十三観音編】 »

体力勝負の一人旅 No.331【坂東三十三観音編】

【13日目・2015年12月27(1/2)日】

 埼玉県春日部市の東武鉄道豊春駅に着いたのは昼も近い11時少し前だった。12番札所慈恩寺(じおんじ)がこの駅から1~2Kmのところにある。元々は房総半島のお寺を巡った後に来る予定だった。今回はジョギング旅行向きのルートを設定したので、ここをスタート地点にした。
 1泊2日と日帰り2日で、浅草、横浜、逗子、鎌倉を巡る約100Kmの旅になる。

 よく晴れていて風がなければ年末とは思えない暖かさだ。しかし慈恩寺を目指して北上する私に正面から北風がときどき吹いてくる。ジャージの上からウィンドブレーカーを着てちょうどよいぐらいだ。

 平たん路を2Kmほど走って慈恩寺に到着した。山門は境内をぐるっと回った北側なのでそっちから入ることにした。
 山門では正月飾りの準備をしていて、国旗を2つ取り付けていた。邪魔をしないように山門の横を通って境内へ入った。正面に鐘楼、鐘楼の左側に納経所があり、さらにその左に足場とシートに覆われた大き目の建物がある。これが約170年前に建立した本堂で外観は見られないが中に入ってお経を唱えることはできた。

 再び豊春駅に戻ってきた。そのまま豊春駅を通過し南下していく。駅の北側は畑がちらほらあったが南側は商店街だ。その先で国道16号線に出る。
 まっすぐ南下する道がないのでジグザグしながら南下していった。
 元荒川という大きくない川を右に見ながら、左側はところどころにねぎや玉ねぎの畑があるのどかな光景だ。

 国道4号線と並行している日光街道へやってきた。当時の面影を期待していたがそんなものは全く見当たらなかった。さっきまでののどかな景色が姿を消し、民家や商店ばかりになった。

 南越谷駅付近のパスタ店前で足が止まった。お腹は空いてきたし、ここまで20Km走ったし、13時30分を回ってお客さんのピークも過ぎているので昼食にしよう。
 店内に入るとまだ8割がた席が埋まっている。地元では相当な人気店かもしれない。

 40分ほど食事休憩してジョギング再開。まだまだいけそうだ。再開後3Kmぐらい走っただろうか、松並木が見え、日光街道らしくなってきた。
 車道と綾瀬川に挟まれた2列の松並木の間に歩行者・自転車用の道がある。非常に走りやすく、ジョギングやウォーキング、サイクリングをしている人たちがたくさんいた。

 松並木はまだ続いているが1Kmほど走ったところで日光街道は綾瀬川そして松並木から離れて草加駅のほうへ向かう。草加と言えばもちろん草加せんべいだ。宿場だったから古い建物がちらほら残っており、せんべい店で足を止め、古い建物で足を止めて、進みが遅くなった。
 せんべい3枚を100円で購入し、走りながらバリバリと栄養補給をした。

つづく

下記URLに写真をアップしました。
http://yahoo.jp/box/tH31f6

« 体力勝負の一人旅 No.330 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.332【坂東三十三観音編】 »

坂東三十三観音編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37365/62957867

この記事へのトラックバック一覧です: 体力勝負の一人旅 No.331【坂東三十三観音編】:

« 体力勝負の一人旅 No.330 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.332【坂東三十三観音編】 »