最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カウンター

紹介

  • フォアアスリート405

« 2015年7月 | トップページ | 2016年4月 »

2015年12月

体力勝負の一人旅 No.335【坂東三十三観音編】


【15日目・2015年12月29日(2/2)】

 車の渋滞が始まりそろそろ北鎌倉駅。歩いている観光客が多いうえに歩道が狭いので少し走りにくい。それでも観光名所が次々出てくるので多少の坂も気にせず早く時間が過ぎていく。
 鶴岡八幡宮の境内を横切って進むこと1Km、観光客が閑散としたところに1番札所杉本寺(すぎもとでら)があった。説明板によると「鎌倉最古のお寺」とある。歴史を感じながらお参りさせてもらった

 さあ残すは3か寺だ。整理した距離表を忘れてしまったので正確な残り距離がわからないが確か12Kmぐらいだったと思う。今は15時。残り2時間あるので今日中にまわれるだろう。

 杉本寺から緩やかな上りが続く。だいぶペースが落ちてきた。次の2番札所岩殿寺(がんでんじ)は右手の丘の向こう側だ。交差点の右折ポイントにやってきた。やはり急な上りだ。
 ここまでドーナツ1個だから目の前に見えたコンビニに飛び込んだ。少しでも時間短縮するため、この坂は食べ歩きだ。

 丘を越えてJRの線路にぶつかり左折すればじきに岩殿寺のはずだが、GPS機器表示では通り過ぎている。戻ってみたがよくわからず人に訊くしかなかった。しかし人がいない。
 人に会えるまで戻ってしまったがさっきの道で正しかった。だいぶロスしてしまい岩殿寺の山門に着いたのは15時45分だった。
 本堂は逗子の海が見える高台にあり、上り下りをしているうちにどんどん時間が過ぎていく。もう16時だ。残り10Kmぐらいかな、参拝時間を考えると間に合わないだろう。

 がっかりしながらGPS機器の目的地に最後の長谷寺をセットすると直線距離で4Km弱だった。次のお寺は最後のお寺へ行く途中にある。10Kmは記憶違いだ。これなら間に合うぞ。次の3番札所安養院(あんよういん)へ急いだ。

 安養院に着くとちょうど年配の男性が山門の入場禁止の柵を動かして境内から出てきた。そして柵を元の位置に戻した。
 私は閉門時間をちょっと過ぎたのだと思った。その男性はお願いして時間外に対応してもらったに違いない。そう考えた私は、お寺の人がいるうちにお願いしようと柵を乗り越え納経所へ向かった。
 幸いにもまだお寺の人がいた。
「すいません納経をお願いできますか?」
「普通こういう特別なことはしないので、これからはやめてください」と言いながらも掛け軸を受け取ってくれた。
「16時30分まででしたか?」と訊くと
「山門のところに書いてありましたとおり、本日からお休みです。今後行かれるお寺のことは事前に調べておかれた方が良いですよ。」と冷たく言われてしまった。
 田舎のお寺ならまだしも、ここ鎌倉で年末休みとは思ってもいなかった。まさかと思い、
「長谷寺もお休みですか?」と訊くと、
「他のお寺のことはわかりません。でもその前に16時30分まであと3分ですから間に合わないですよ。」
「長谷寺は16時30分までですか?」
「それはわかりませんが、鎌倉のお寺は16時30分が多いです。」
 完全に私のミスだ。だけどここで終わりにする気にはなれなかった。間に合わなくてもいい、長谷寺まで走ろう。

 走り始めるとなぜだか快調だ。さっきまで足が重かったのがうそのよう。足の痛みはどこへいった?体に任せて走っていると3日間で一番早いペースになっていた。
 前方にジョギング中の若い男性が見えた。徐々に近づいている。いい目標になるので長谷寺までに追いつこうと思った。
 本当に快調だ。長谷寺の一つ手前のバス停で男性に追いつき、追い越した。人間の限界はどこにあるのだろう。限界は自分が決めている。自分の脳が限界を作って、「痛いんだ」とか「足が重い」とか感じるよう指令を出している。この脳をコントロールできれば本当の限界はもっともっと先にあるのだろう。

 道が行き止まりになり、そこが長谷寺だ。中から人が出てくる。お休みではなかった。がもう入ることはできない。やはり16時30分までだった。今は16時40分、10分間に合わなかった。
 でもいいのだ。ここまで走ったことに違いないのだから。そして限界のうそを知っただけでも巡礼の価値があった。これが巡礼の旅なのだろう。

12月29日(火) 鎌倉
 本日の移動距離 34.4Km
 3日間の総移動距離 121.3Km

「坂東三十三観音巡り」冬編はこれで終了です。3日間でしたがお付き合いいただきありがとうございました。
来年のゴールデンウィークに房総半島を回れればと思っております。またそのときまで。

体力勝負の一人旅 No.334【坂東三十三観音編】

【15日目・2015年12月29日(1/2)】

 「坂東三十三観音巡り」冬編のゴールは鎌倉の長谷寺(はせでら)だ。横浜駅から33Km。4日間の予定だったが今日で終わりにするつもりだ。
 しかし3日目となると疲労が蓄積している。起きる時間は遅くなるし、小田原駅まで軽く走ってみると、右足の親指付け根、左足甲と左脚付け根が痛む。いや、歩くだけでも痛い。こんなので走れるのだろうか。

 10時40分、横浜駅に着いた。この3日間で一番冷える。日なたに出てストレッチをしているうちに体が暖まってきた。太陽の恵みだ。お日様に感謝、そして日本海側と違って冬の晴天率が高いこの地に感謝だ。

 走り始めると痛みはあるものの昨日の午前中と同じくらいのペースで走れている。
 まずは横浜の弘明寺(ぐみょうじ)を目指す。弘明寺駅という駅があるぐらいだから門前町として栄えたところなのだろう。

 ビジネス街の高島町、桜木町を抜けて、京急沿いに進んでいく。ここでちょっと気になる変化に気づいた。それは信号無視。
 昨日まで自転車も歩行者もほとんど信号無視する人はいなかった。埼玉も東京もだ。でもここは違う。信号無視する歩行者が普通にいる。なぜだろう。

 急に走れなくなってもおかしくない。そんな疲労感の中、ペースを落とさずに弘明寺入口までやってきた。左折したら上りだ。道の両側に商店が連なっている。参道の名残りなのだろうか。
 焼き立てパンの匂いと共に甘い香りが漂ってきた。昨日は昼食で失敗したので今日はこまめに補給しよう。帰りに甘いパンを1個購入だ。

 上り切ったらお寺があると思ったら弘明寺駅がだった。線路を渡り下っていくと右下にお寺らしき屋根が見える。11時36分、到着だ。
 境内に入ると本堂は右手にあった。本来の入口ではないところから入ったようだ。本堂を背にすると眼下にアーケード商店街が見える。数歩進むと、長い石段が下に向かって延びており、その先に山門、その先がアーケード商店街だ。こっちの商店街が参道のようだ。
 ならばさっきのパン屋は諦めて、本来の参道で食べたいものを探そう。

 これといった食べ物に出合わないうちに商店街を横切る大岡川に出た。川沿いが気持ちよさそうなのでそっちへ行こうとしたら釣りをしているおじさんがいた。バケツの中をのぞくと15センチぐらいの海釣りで見たような魚が13匹入っている。
「何釣っているんですか?」と訊くと、見物人が「ボラだよ。釣っているというより引っかけているんだ」と教えてくれた。釣り人はそんなやりとりにお構いなく、また1匹釣り上げた。
 小田原と比べるときれいとは思えない海や川だ。食べるのだろうか?

 川沿いの道は鎌倉街道に合流した。やがて緩やかな上り坂になり店がなくなってきた。弘明寺を出て1時間近く経つ。焼き立てパンに固執したためいまだに昼抜きだ。丘を下り切れば町だろう。そこでお昼にしよう。
 コンビニが見えてきた。13時20分になるのでコンビニのドーナツで我慢だ。休憩しすぎないようイートインコーナーでさっさと食べて再出発する。

つづく

下記URLに写真をアップしました。
http://yahoo.jp/box/wUZxHM


体力勝負の一人旅 No.333【坂東三十三観音編】


【14日目・2015年12月28日】

 宿を9時ごろ出て草加駅前の『おせんさん』に会いに行った。草加せんべいを最初に作ったとされるおせんさんが正座をしてせんべいを焼いている像があるのだ。
 辺りを歩く人は当たり前のようにおせんさんに目をやることはなく足早に駅へ入っていく。草加は十分都内への通勤圏なのでビジネスマンが多く、電車の本数も頻繁にあった。

 電車で浅草駅まで移動し、10時ごろ浅草寺に着いた。雷門から入って仲見世を通る。仲見世は混雑していて、「食べ歩きはしないでください」と売店の人の声が聞こえてきた。

 浅草寺の次のお寺は横浜の弘明寺だ。寄り道しなければ40Kmぐらいだと思う。できれば今日そこまで行っておきたい。
 だが、昨日浅草文化観光センターで入手した上野のパンフレットに載っている上野大仏と五重塔が気になり、寄り道することにした。浅草から上野まで3Kmぐらいだ。

 上野大仏は関東大震災で面部が落下し、戦争で体と脚を供出したので面部だけが残った。その顔をレリーフ状にして置いてあるのだ。これ以上落ちないことから受験生に人気らしい。
 普通ならば触れない高さにあるものが 手の届く位置にあるのでこのときばかりと青銅の顔を触らせてもらった。

 ここからは山手線に沿って走るようなもので、日本一ジョギングにそぐわない場所かもしれない。
 上野、御徒町、秋葉原、日本橋、銀座、新橋を走る。12時を回ると昼食を求めて街に繰り出したビジネスマンでごった返している。これが昼食難民の光景だろうか。今日も昼食は13時過ぎが良さそうだ。

 都会はとにかく信号が多い。10分続けて走れたらいいほうで、2分走って2分信号待ちなんてこともざらだ。
 それを嫌って信号の少ない路地に入ったりしていたら結果的に遠回りになってしまった。だから走った時間あるいは距離ほどに横浜は近づいてこなかった。

 26Kmほど走り、大都会から脱出した大森町駅付近のレストランでハンバーグランチを食べ、後半に備えた。横浜の弘明寺まで多分あと20Kmぐらいだろう。
 歩き始めると足の筋肉が固まっているのがわかる。歩くのもつらい。それでも筋肉をほぐすようにゆっくり走り始めた。

 ここからはつらい我慢の時間だ。交通量の多い第一京浜を走り続けた。昼食前は昨日よりちょっとだけ遅いペースで走れていたが、昼食後ははるかに遅くなってしまった。
 足の動きが悪いし、足の付け根も痛む。でもペースが上がらない一番の理由はハンバーグランチのようだ。げっぷがよく出てハンバーグの香りが漂う。そのうちげっぷで治まらず、口の中にハンバーグが逆流してきた。消化の良いものを食べるべきだった。

 目標の弘明寺は無理でもその数キロ手前の横浜駅までは意地でも行ってやる。そう思ったのは、かなり昔旧東海道ウォーキングをしたときに、横浜駅を目標にしておきながら一駅手前の東神奈川駅で断念した苦い経験があったからだ。その二の舞いはすまいと強く思った。

 16時6分に横浜駅に着いた。まだ明るいがもう体力の限界だ。
 今日は小田原に帰る。いやその前にコインロッカーに預けた荷物を取りに北千住までいかねばならない。明日横浜から続きをするつもりだが、続きができるまで回復しているのか大いに不安だ。

12月28日(月) 横浜
 本日の移動距離 44.2Km

下記URLに写真をアップしました。
http://yahoo.jp/box/ksZ3Tx


体力勝負の一人旅 No.332【坂東三十三観音編】


【13日目・2015年12月27(2/2)日】

 今回は珍しく前日に宿を予約した。こんなに走れると思っていなかったので草加でとっていた。まだ15時だし足も動く。やめるのはもったいないので電車で戻ってくることにしよう。

 そうなると戻りやすい北千住ぐらいまで行けるかなと考えていたら日本橋まで13Kmの表示がみえた。いまいち地図が頭に入っていないが、もしかして13番札所の浅草寺まで行けちゃうのか?行けちゃうのではなく行くのだ。気持ちはそう変わっていった。

 上野まで10Kmをきった。上野も浅草寺もたいして距離は変わらないだろう。お寺が閉まる17時まで1時間20分ある。こうなったら納経に間に合わせよう。

 もう寄り道はできない。ただただ南下した。そんなとき前方にT字路が見えた。右か左か?案内地図があったので立ち止まって見ていると、そばでタバコを吸っているおじさんが「どっち行くの?」と声をかけてくれた。
「浅草です」
「歩いて?」
「そうです」
「遠いよ」
「10Kmぐらいてすよね」
「10Kmはないと思うけど、まっすぐ行ったら左側にスロープがあるからそれを登って、橋を渡って、ずっとまっすぐだ」と教えてくれた。都会でも親切な人はいるものだ。なんだかうれしくなった。

 荒川にかかる橋に出た。右前方はビル群だ。午後から雲が出てしまったが、ビル群の少し上のエリアだけは薄い雲しかなく、夕日でオレンジ色に染まっている。東京の景色も捨てたもんじゃない。そう思いながら橋の左側に目を向けるとスカイツリーだ。あれを目指せばいいんだな。

 持っているGPS機器はナビ機能がなく、目的地の方角と直線距離を表示するだけで道のりの距離はわからない。でも極端にペースダウンしなければまず大丈夫だろう。

 ペースは落ちていないがときどき信号待ちになる。また信号待ちだ。ペースダウンするといい匂いがしてきた。たい焼きの店だ。急ぎたいけどお腹がすきすぎて我慢できない。
 3人並んでいる。すぐ買えるだろうか。店頭に出来上がりが5~6個置いてあるのに2人はそれを買わずに焼けるのを待っている。そして私の番だ。
 小豆と金時いもの2種類ある。20円高い金時いものほうを注文すると、今焼いているので3~4分かかるという。待っている人は金時いも待ちだ。ここで3~4分のロスは痛いので小豆をいただいて、歩きながら食べた。置いてあっても十分熱く、舌をちょっとやけどしてしまった。

 浅草寺が近づいたからだろう、歩道が混雑してきた。信号待ちが多くなりペースが落ちぎみだ。浅草寺までのルートがはっきりしていないこともあって、少々不安になってきた。

 閉まる10分前に雷門の反対側に着いたようだ。もう辺りは真っ暗、五重塔や本堂がライトアップされ、スカイツリーより目立っている。
 この広さでは時間内に納経所にたどり着けるかわからない。迷っている暇はない。もしかしたら拝観料が必要なのかと思い警備員に入口がどこか尋ねると、戸惑った感じで教えてくれた。
 それもそのはず、拝観料はなく、柵もないのでどこからでも入れたのだ。変な質問をしてしまった。

 御守り売り場で納経所の場所を聞いて駆けつけると3分前だった。間に合った。納経してくださる方も「間に合って良かったですね」と言い、続けて「お寺はきっちり時間で閉めますから」と言った。
 浅草寺がそうであって、お寺一般がそうではないのだから、私はこの言葉に気分を害してしまった。

 寒いので早々に引き上げることにしよう。浅草駅がいくつかあって少し迷ってしまったが、18時30分に草加駅へ戻って来た。明日は浅草寺の参拝から再開だ。

12月27日(日) 浅草
 本日の移動距離 42.7Km


体力勝負の一人旅 No.331【坂東三十三観音編】

【13日目・2015年12月27(1/2)日】

 埼玉県春日部市の東武鉄道豊春駅に着いたのは昼も近い11時少し前だった。12番札所慈恩寺(じおんじ)がこの駅から1~2Kmのところにある。元々は房総半島のお寺を巡った後に来る予定だった。今回はジョギング旅行向きのルートを設定したので、ここをスタート地点にした。
 1泊2日と日帰り2日で、浅草、横浜、逗子、鎌倉を巡る約100Kmの旅になる。

 よく晴れていて風がなければ年末とは思えない暖かさだ。しかし慈恩寺を目指して北上する私に正面から北風がときどき吹いてくる。ジャージの上からウィンドブレーカーを着てちょうどよいぐらいだ。

 平たん路を2Kmほど走って慈恩寺に到着した。山門は境内をぐるっと回った北側なのでそっちから入ることにした。
 山門では正月飾りの準備をしていて、国旗を2つ取り付けていた。邪魔をしないように山門の横を通って境内へ入った。正面に鐘楼、鐘楼の左側に納経所があり、さらにその左に足場とシートに覆われた大き目の建物がある。これが約170年前に建立した本堂で外観は見られないが中に入ってお経を唱えることはできた。

 再び豊春駅に戻ってきた。そのまま豊春駅を通過し南下していく。駅の北側は畑がちらほらあったが南側は商店街だ。その先で国道16号線に出る。
 まっすぐ南下する道がないのでジグザグしながら南下していった。
 元荒川という大きくない川を右に見ながら、左側はところどころにねぎや玉ねぎの畑があるのどかな光景だ。

 国道4号線と並行している日光街道へやってきた。当時の面影を期待していたがそんなものは全く見当たらなかった。さっきまでののどかな景色が姿を消し、民家や商店ばかりになった。

 南越谷駅付近のパスタ店前で足が止まった。お腹は空いてきたし、ここまで20Km走ったし、13時30分を回ってお客さんのピークも過ぎているので昼食にしよう。
 店内に入るとまだ8割がた席が埋まっている。地元では相当な人気店かもしれない。

 40分ほど食事休憩してジョギング再開。まだまだいけそうだ。再開後3Kmぐらい走っただろうか、松並木が見え、日光街道らしくなってきた。
 車道と綾瀬川に挟まれた2列の松並木の間に歩行者・自転車用の道がある。非常に走りやすく、ジョギングやウォーキング、サイクリングをしている人たちがたくさんいた。

 松並木はまだ続いているが1Kmほど走ったところで日光街道は綾瀬川そして松並木から離れて草加駅のほうへ向かう。草加と言えばもちろん草加せんべいだ。宿場だったから古い建物がちらほら残っており、せんべい店で足を止め、古い建物で足を止めて、進みが遅くなった。
 せんべい3枚を100円で購入し、走りながらバリバリと栄養補給をした。

つづく

下記URLに写真をアップしました。
http://yahoo.jp/box/tH31f6

体力勝負の一人旅 No.330


 突然ですが「坂東三十三観音巡り」冬編のお知らせです。

 ゴールデンウィークと夏の旅では飽き足らず冬もチャレンジしてきます。

 今回は自転車ではなくジョギング&ウォーキングです。スタート地点は前回の終了場所である千葉県大網白里にしたかったのですが、現地の交通の便や宿のことを考えて、埼玉県春日部市にしました。房総半島をスキップした形になります。

 春日部から鎌倉までおよそ100Kmを1泊4日で巡ります。1泊4日って変ですね。1泊2日と日帰り2日です。

 明日スタートです。また旅先レポートにお付き合いください。

2015年12月26日

« 2015年7月 | トップページ | 2016年4月 »