最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カウンター

紹介

  • フォアアスリート405

« 体力勝負の一人旅 No.315【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.317【坂東三十三観音編】 »

体力勝負の一人旅 No.316【坂東三十三観音編】


【4日目・2015年5月4日(2/2)】

 中学生か高校生の自転車3人組が止まっている。その横を通り過ぎるとき彼らの会話が聞こえた。
「あそこのカーブを曲がるとすぐいろは坂だよ」
 私は過去に水分不足におちいったときのことを思い出していた。あのときと同じようになんとかなるかなぁ。そしたら前方に駐車場が見えた。小さな建物も見える。ペットボトルを片手に持っている男性もいる。助かった、自販機がありそうだ。
 しかし行ってみると建物はトイレで自販機は見当たらない。休憩していたサイクリストにいろは坂の途中に自販機があるか訊いてみると、ないと言う。「中禅寺湖まで行かないとないですか?」と訊くと、「ロープウェイ乗り場にあったかもしれない」と言う。途中にロープウェイ乗り場があることすら知らなかったので、「それはだいぶ登ったところにあるんですか?」と訊くと、「そうだね」と答えが返ってきた。
 やれることをやるしかない。水道で顔を冷やし、口に含んでみたらまずかったので飲まずに湿らす程度にした。そして軽量化のため不要な荷物を自転車から降ろしてトイレの横に置いて出発した。

 いろは坂は上り下りが別ルートになっている。上りは第2いろは坂のほう。いろは坂に入るとすぐに下っていく。そして本格的な登りだ。標高計を見ながらペース配分に気をつけて登っていく。
 天の恵みか全天の半分ぐらいが雲に覆われ涼しくなってきた。標高計に目をやると一気に50mぐらい標高が上がっている。まずい雨が降るかもしれないぞ。
 涼しいのは歓迎だけど雨は困る。なぜならカッパをトイレの横に置いてきたからだ。着替えも置いてきた。着替えまで濡れてしまってはどうしようもない。
 そしてまさか、まさかではあるがポツポツ降ってきた。駐車場を出てまだ10分も経っていないのにこの変わりようだ。天気予報だって日中は降らないはずだったのに。
 ペアルックのサイクリストが「降ってきちゃいましたね~」と私に声をかけて軽快に抜いていった。当然二人も雨具は持っていなかった。

 雨のおかげもあって脱水症状にならず50分ほどでロープウェイ乗り場に到着した。そして自販機に向かった。すでに傘をさすほどの雨足になっていたので、雨宿りしながらお茶をがぶ飲みした。

 再スタートしてすぐのトンネルをくぐると小降りになっており、中禅寺湖が見えるころには止んでくれた。再スタートしてわずか10分だ。

 拝観料を払って立木観音・中禅寺の境内に入った。本堂の前に4、5人のお坊さんがいる。そのお坊さん、実はガイドのために待機していたのだ。参拝者がある程度集まったところで、本堂に招き入れ、立木観音の解説をしてくれた。こんな経験は初めてだ。

 立木観音は生えている木を彫って作られており、今でも根っこは地中に埋まったままだそうだ。ガイドはさらにお守りの話に及び、最後は「こちらだけで販売しているお守りです」と締めた。まるで口上のようだった。
 ケチな私も500円だったら買おう、もう少し高かったら悩むなと思っていたら、2,000円だった。それでも15人ぐらいの参拝者を相手に5個は売れていた。
 続いて別のお坊さんが次のガイドをしてくれる。さらに本堂の2階へ上り、日光が日本一のお線香の産地だと紹介し、「参拝の記念に、もしくはお土産にお線香はどうですか」と続けた。最後は祈祷の場所、仕方を説明してくれて、祈祷の営業で終わった。
 檀家を持たないお寺という事情もあるかもしれないが、うまいことを考えたなと思った。でも決して嫌な思いにはならなかった。他のお寺も取り入れたらどうだろう。

 華厳の滝をちらっと見ていろは坂を下った。荷物を置いた場所までたった10分で下ってきた。荷物は雨の影響を受けていなかった。ここはたいして降らなかったのかもしれない。
 あとは下り基調だ。今日はもうやり遂げた気分で少し気が抜けている。よく言えば気持ちに余裕が出た。まだ15時30分なので、気が向くまま日光の社寺に寄り道した。

 延々と杉並木が続いている。圧巻だ。杉の香りを感じ、プチ森林浴気分だ。今度、端から端まで歩いてみたくなった。
 排気ガスから杉を守るために、ところどころで杉並木に並行して車道が作られている。新しい車道もあれば古いものもある。かなり前から保全のためにそうした活動が行われていたのはすごいことだ。

 下りなので楽に宇都宮へ行けるはずだったが向かい風でそうもいかず、宇都宮駅に着いたのは18時43分になってしまった。
 駅前の餃子店はどこも長蛇の列だ。警備員を雇っている店もあるほどの人気ぶり。今晩と明日の昼は餃子のつもりだったが今晩は諦めよう。

5月4日(月) 宇都宮
 本日の走行距離 126.77Km
 本日の登坂累計 1550m

下記URLに写真をアップしました。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-wmkxb5djlcbhrudhip5772uz6e-1001&uniqid=cea41d75-ffc6-4eb6-8c65-8b1191053399

« 体力勝負の一人旅 No.315【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.317【坂東三十三観音編】 »

坂東三十三観音編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37365/61554975

この記事へのトラックバック一覧です: 体力勝負の一人旅 No.316【坂東三十三観音編】:

« 体力勝負の一人旅 No.315【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.317【坂東三十三観音編】 »