最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カウンター

紹介

  • フォアアスリート405

« 体力勝負の一人旅 No.312【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.314【坂東三十三観音編】 »

体力勝負の一人旅 No.313【坂東三十三観音編】


【2日目・2015年5月2日(2/2)】

 吉見百穴に着いたのは14時50分ごろ、まだ50Kmぐらいしか走れていない。非常にまずい。吉見百穴は白い岩肌にぼこぼこと穴が空いている。フェンス越しにも充分見えるので、時間がもったいないし、300円払って中に入らなくてもいいかなと思った。
 しかし結構賑わっている。穴は古墳時代の墓だが、その後戦時中に岩山の中を爆破して地下軍事工場を作った。その中を見学するために入場することにした。
 軍事工場跡は鍾乳洞と同じでひんやりして気持ちいい。爆破の犠牲にならなかった墓跡にも入ることができる。こちらも同様に涼しい。子どもたちは墓跡に入ってはしゃいでいる。ちょっと冷静に考えたら墓跡に入りたがる私達ってちょっと変かもしれない。

 近くの吉見観音・安楽寺の参拝を終えたのが16時過ぎ。もう高崎観音は間に合わないが意地でも高崎までは行きたい。

 コンビニでエネルギー補充をして高崎へ向かった。国道407号線で熊谷に出て、そこから国道17号線で高崎へ行くルートだ。
 何キロあるかわからない。知ると目指す気持ちがなくなるのが怖くてあえて調べなかった。坂道なのか平坦なのかもわからない。気持ちが続く限り進もう。

 荒川に架かる橋を渡っていると熊谷のビル群が前方に見えてきた。思わず後ろを振り返り今までの田舎の景色との違いを確認した。

 『暑いぞ熊谷』は盆地だからだ。熊谷までおおむね下りだった。ということはこの先は登りかと思ったが、国道17号線をしばらく走ってもその気配はない。
 運の良いことに追い風だ。しかも私を追い抜いていったサイクリストの後ろについてペースを上げた。
 後ろについて空気抵抗が減る効果より、気持ちにスイッチが入ってパワーが出た効果のほうがはるかに大きい。どこまでスタミナがもつかわからないががんばってしまった。

 いよいよつききれなくなってしまったが、また別のサイクリストに出会えた。その人を追っかけているうちに高崎市内に入った。まだ日は明るい。
 私は高崎市街に向かうためサイクリストとお別れだ。吉見観音から53Km、所要時間2時間30分ぐらい。単独だったらこんなに早く着かなかっただろう。2人のサイクリストに感謝だ。

 ネットで宿探しをしているうちに暗くなってきた。どこも満室で、最後に頼るサイトが『マル得ホテル』だ。
 さすがマル得ホテル、高崎駅の一つ隣の問屋町駅が最寄り駅のホテルが空いていた。最寄りといっても3Km弱離れている。だからこの時期でも空いていたのかもしれない。
 宿探しに30分もかかってしまいもう19時30分だが一安心。あと5~6Kmだ、のんびり行こう。

 フロントは2階だった。自転車から荷物をはずそうとしたとき、待てよ、はずす前に本当に予約できているか確認したほうがいいかなと思った。が荷物をはずしてフロントへ行った。
「先ほどネットで予約しました。」
「予約入ってないですよ。どこのネットですか?」
「マル得ホテルです」
「うちそこと契約していないんです。前にもいたんですよね、そういうお客様が。ちょっと待ってください。」と言ってタブレットで操作し始めた。
「ああ、ありました。でもうちが契約しているのはXとXとXなんてすよ。」
 多分マル得ホテルからの連絡メールか何かを表示させたのだろう。そして続けて言った。
「こちらからマル得ホテルに連絡したくても連絡先が書いていないのでねぇ。」
「空いてないですか?」とダメもとで聞いてみた。
「申し訳ありません。いっぱいなんです、だいぶ前から引き合いがありましてね。」
「そうですかぁ。隣駅とかでないですかねぇ。」
「もうこの辺は空いているところはないと思いますよ。」
「わかりました」と言ってしょぼしょぼと帰ろうとしたとき、
「ねえ、ねえ、安中の『かわ』ってホテルの漢字何だっけ?」とロビーで子どもと遊んでいた奥様に言った。奥様の答えを聞いてネット検索し、電話で問い合わせてくれた。
「安中のホテルが空いてますけどどうしますか?」
 土地勘がないのでどのくらい離れているのか検討がつかないが、「お願いします」と応えた。
 非常にピンチだったが親切な方で助かった。何度も感謝の気持ちを込めてお礼を言った。

 安中のホテルまでは9Kmほどで30分で着いた。もう20時50分だ、お腹減ったなぁ。
 気がつけば高崎観音を通り越していた。明日戻ってまで行く元気はもうない。朝寝坊しよう。

 結局、今日は124Km走ってしまった。もしかしたら最初の計画どおり巌殿観音の次は吉見百穴にしておけば良かったかもしれない。しかし今日の不安も苦労も修行だ。

5月2日(土) 安中
 本日の走行距離 124.03Km
 本日の登坂累計 756m

下記URLに写真をアップしました。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-wmkxb5djlcbhrudhip5772uz6e-1001&uniqid=fa83fbf4-288a-4e94-8017-79230de87c6b

« 体力勝負の一人旅 No.312【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.314【坂東三十三観音編】 »

坂東三十三観音編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37365/61546902

この記事へのトラックバック一覧です: 体力勝負の一人旅 No.313【坂東三十三観音編】:

« 体力勝負の一人旅 No.312【坂東三十三観音編】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.314【坂東三十三観音編】 »