最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カウンター

紹介

  • フォアアスリート405

« 体力勝負の一人旅 No.310 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.312【坂東三十三観音編】 »

体力勝負の一人旅 No.311【坂東三十三観音編】


【1日目・2015年5月1日】

 今日から坂東三十三観音巡りのスタートだ。旅行日数が5日間しかないので、今回は小田原から北上し、日光中禅寺湖の畔にある中禅寺までの8か寺を巡る予定だ。そして宇都宮駅から新幹線で帰ってくる。

 晴天の下、小田原を8時過ぎに出発した。暑くなりそうだ。まずは海沿いに国道1号線、134号線を東に進む。あまり風がなく最高のコンディションだ。
 20Kmほど走って平塚に着くとそこから国道129号線で北上を始める。

 最初のお寺は厚木市の飯山観音・長谷寺だ。交通量の多い国道246号線を少し通ったあと飯山温泉の湧く山のほうへ入っていく。そこに飯山観音がある。
 ついさっきまで走っていた国道とは別世界のシーンとした場所だ。『かながわの景勝50選』にも選ばれている。
 仁王門をくぐって石段を登って行くと高さ17メートルの大きなイヌマキの木が現れる。この木は『かながわの名木100選 』に選ばれている。
 さらに石段を登っていくと参道の両側に石灯籠が並び、その先の観音堂へ案内してくれる。

 観音堂でお参りしたあと、その右側を進んでいくと白い小さな花を咲かせたアヤメの群生地があった。花菖蒲と違いなんとも可憐だ。

 次のお寺は9Km離れている星の谷観音・星谷寺(しょうこくじ)。今11時16分、それほどのんびりしていられない。というのも今まで巡ってきた秩父や西国と違って昼休みを取っているお寺があるのだ。もっと言うと開始時間と終了時間もお寺によってばらつきがあるらしい。

 星の谷観音へ行くには広い相模川を渡らなければならない。国道を進めばわかりやすいがそれでは遠回りになる。
 四国遍路のように次のお寺までの道案内が掲示されていたり、ところどころに案内標識があればいいがそういうものは見当たらない。

 最短ルートをめざしたが、結局道に迷い国道ルートで星の谷観音に到着した。最後に登り坂があり、かなり必死にこいだ。その甲斐あって 納経所に着いたのは11時56分だった。入口に『12時~13時昼休み』と書いてあったのを見て、あー間にあってよかったと安堵した。
 落ち着いたところで、仁王様のところに戻り参拝しなおした。

 今日参拝するお寺はこれで終了。次のお寺の最寄り駅である高坂駅まで行くと小田原から120Kmになる。1日目はそこで終える予定だ。
 現在12時30分、ここまでの走行距離55Km。ちょっと厳しいかもしれない。
 その想いに拍者をかけたのがどんどん上昇する気温だ。直射日光の下とはいえ温度計は35度をさしている。
 体はだるく、足が動かない。さしてきつい登りでなくても心拍数は高いままだ。少し頭痛もある。あわてて水分を多めに取りだした。

 スピードは遅いものの、あまり休憩せず確実に進んでいった。八王子を過ぎ、横田基地の横を通る。国道16号線の右側は横田基地、左側には商店が並んでいる。
 英語だけの看板や時代が止まったような古めかしい店、ミリタリーショップなどが目についた。

 茶どころ狭山を通るころには気温が下がり、体調は徐々に復調してきた。18時前に高坂駅に着きそうだ。

 狭山を過ぎてしばらく進むと『日光街道』の標識とともに杉並木に突入し、早くも日光気分にさせてくれた。

 高坂駅の10Kmほど手前で宿をネット検索したが見つからない。宿があるのはその先の東松山かここからすぐの坂戸になる。
 東松山では行き過ぎてしまうので、目的地の手前になるが坂戸で泊まることにした。 

5月1日(金) 坂戸
 本日の走行距離 123.82Km
 本日の登坂累計 710m

下記URLに写真をアップしました。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-wmkxb5djlcbhrudhip5772uz6e-1001&uniqid=5999bef5-aa3b-4253-b984-a174c663d457

« 体力勝負の一人旅 No.310 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.312【坂東三十三観音編】 »

坂東三十三観音編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37365/61546886

この記事へのトラックバック一覧です: 体力勝負の一人旅 No.311【坂東三十三観音編】:

« 体力勝負の一人旅 No.310 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.312【坂東三十三観音編】 »