最近のトラックバック

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カウンター

紹介

  • フォアアスリート405

« 体力勝負の一人旅 No.067【四国自転車遍路旅パート2】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.069【四国自転車遍路旅パート2】 »

体力勝負の一人旅 No.068【四国自転車遍路旅パート2】

【5日目・2005年5月4日】

 朝一から難所が待っている。連日難所続きだが、27番神峯寺(こう
のみねじ)の坂は瞬間的な斜度ではお遍路コース中3本の指に入るだろ
う。そう記憶しているので心拍数を上げないよう慎重に入る。
 データ上は距離3.4キロで標高差340メートルだが、中盤までは激坂
区間が少なく、下りさえある。その分後半がきついのだ。路面が悪い
し、道幅が狭いので車が来たときの対応も一苦労。
 いよいよきつい部分に入ってきた。カーブの連続だが、それを突っ
切るように歩き遍路道が通っている。前を歩いている人との差が全然
縮まらない。
 相当登ってきたように思えたが、高度計ではあと100メートル残って
いる。ペース配分するうえで、高度計は必需品だ。やがて車のドアを
閉める音が聞こえてくる。そろそろ駐車場。
 駐車場にたどり着いたが、もうアドレナリンが出っぱなし。駐車場
にロード自転車が置いてあったため、負けず嫌いに火がついた。駐車
場に入るそぶりも見せずにさらに上を目指す。駐車場の案内係は「え
っ、いっちゃうの!」という表情をする。山門はもう少し先で、そこ
まで行けるはずだ。
 斜度がさらにきつくなったが、車が来ないので道幅いっぱいに蛇行
できる。駐車場から30メートル登ってゴール。もう汗びちょびちょ、
へろへろ。車で来た人はもとより歩き遍路からも「すごいね」と驚き
の声。声を掛けてもらうだけで少し回復できる。
 境内においしい湧き水が出ているので、納経を終え早速飲みに行く。
甘みがありとてもおいしい。

 下山し国道55号線に出ると、しばらくは海沿いを西に進み高知駅方
面へ向かう。今日は追い風ではないが調子よく進む。4日目にして足が
できてきたのかもしれない。
 安芸駅辺りから交通量が多くなり渋滞するようになってきた。ちょ
うど、国道と並行して海側にサイクリングコースがあったので、そっ
ちへ行ってみた。
 地元神奈川のサイクリングコースと違って、路面は整備されている
し、無駄な迂回路はないし、とても走りやすい。むしろ国道よりアッ
プダウンが少ないくらいだ。

 28番大日寺(だいにちじ)を参拝してから歩き遍路のコースは田ん
ぼの中へ入っていく。自転車でも強行可能なので行ってみた。
 こういうあぜ道や路地は地図より電柱などに貼ってある案内シール
が頼りだ。丸いシールに歩き遍路をかたどったマークや進行方向を示
す矢印が印刷してある。前回来たときもこれに助けられたが、色あせ
ているシールが多くて進行方向が分からない。まぁウォークラリーっ
ぽくておもしろい。

 29番国分寺(こくぶんじ)、30番善楽寺(ぜんらくじ)を済ませ、
3時30分。あと2か寺は余裕で行けそうだ。
 高知駅のすぐ東を南下し、31番五台山竹林寺(ちくりんじ)を目指
す。山号が示すとおり五台山の中腹にあり100メートル以上登る。五台
山は竹林寺よりも植物園やテレビ塔のほうが有名なようで、登り口の
案内を過ぎると植物園などの案内は出てくるがお寺の案内がなかなか
現れない。初めてなら不安になるところだ。
 16時9分、竹林寺到着。石段を登ると本堂、大師堂、五重塔がある。
落ち着く空間だったので、五重塔の解説を読んだりして、いつもより
のんびりと参拝をした。

 16時35分、竹林寺を出発。32番禅師峰寺(ぜんじぶじ)までは30分
ぐらいかかるのでちょっと急ごう。五台山の山道は一方通行なので、
下りは思いっきり飛ばし車をぶち抜いていく。お寺に近づくと県道か
ら畑の中の道へ突入。前回は通らなかった道だ。時間が刻一刻となく
なり焦り始める。ここでのミスコースは致命的、通行人に道を確認し
猛ダッシュ。そして登り口に到着。そう最後はやっぱり山なのだ。斜
度は10%ぐらいだろうか、あと数分しかない。必死にこぐがタイムア
ウト。そのとき「南無大師遍照金剛」の赤いのぼりが見えたから近い
はずだ。あきらめずにこいで17時1分に駐車場到着。そこから走って本
堂へ。納経所が見当たらず「納経所はどこだ」と独り言。するとベン
チで座っていたお遍路さんが教えてくれる。2分超過して納経所に着い
たが、まだ開いていた。良かった。
 17時20分ごろ、のんびりと納経所へ向かう中年夫婦がいた。この時
間でも納経してくれるお寺だったのだろうか。

 落ち着いたところで宿探し。次のお寺の方向とは違うが宿が豊富な
高知駅周辺を当たってみる。幸いキャンセルが出たばかりのホテルに
電話したため難なく宿を確保。
 夕食は近くの商店街へ行ってかつおのたたき丼を食べる。やはり本
場のかつおはおいしい。それにここの商店街は活気がある。食後に商
店街散策を楽しんだ。
 宿に戻りロビーでパソコンをやっていると、宿泊希望のお客さんが
何人も来たが満室のため断られていた。この辺のホテルはどこもいっ
ぱいらしい。私は本当についていた。

5月4日(水) 高知市 本日の走行距離 99Km

« 体力勝負の一人旅 No.067【四国自転車遍路旅パート2】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.069【四国自転車遍路旅パート2】 »

四国自転車遍路旅パート2」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして。くろと言います。わたしも30代半ばです。
 わたしは10年前に自転車で遍路をしました。5日目で神峯寺というのは、わたしと比べると速いペースですね。わたしは走るときは飛ばしていましたが、1日に走る距離が少なかったので、8日目に到達しています。
 現在は年に1回ほど区切りながら歩き遍路をしています。
 遍路記をHPで公開しています。よろしければお読みください。

くろさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
くろさんのHP拝見しました。
HP公開する自転車遍路の先駆者なんですね。すごいです。
私は十数年前から自転車旅行を始め、いろんなとこに行きましたが、四国はお気に入りの一つです。
3日間しかなくても歩き遍路をするくろさんに刺激され、私もいつか挑戦したくなりました。

ブログ始めたんですね。私はブログを理解せず始めてますのでアドバイスがありましたらよろしくお願いします。
ちなみに岩本輝雄の復帰を待ち望んでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37365/4027573

この記事へのトラックバック一覧です: 体力勝負の一人旅 No.068【四国自転車遍路旅パート2】:

« 体力勝負の一人旅 No.067【四国自転車遍路旅パート2】 | トップページ | 体力勝負の一人旅 No.069【四国自転車遍路旅パート2】 »